あなたの節税対策をサポート 保険で節税対策.com

お問い合せはこちら
電話受付時間:10:00~18:00

03-6774-6546

お客様の声

なぜ経営者の方は税金対策に頭を悩ませるか

一般的な法人は、決算で黒字であれば、当然所定の税金を納付しなけばなりません。ただし、将来にわたってずっと黒字を出し続けられると確信を持って言えるかというと、そんなことはどの経営者の方でも、なかなか難しいといえます。事業が成功し、税をきちんと払い続けたうえで、ある年に急に赤字に陥ったとしても、これまで納付した多額の税金が戻ってきて助けてもらえるようなシステムもない世の中です。だからこそ多くの経営者さまは「良い節税方法はないか」と考えるのです。

普通の節税対策のデメリット

例えば、会社として所定の物品購入をし、「減価償却費」を使って損金をつくることはどうでしょうか。帳簿では「資産」に計上され、その資産の目減り分が損金として経費とできますが、価値が減ることで損金をつくる手法のため、500万円で購入した物も、年を経ると帳簿の上での評価はゼロになってしまいます。つまり、会社が赤字になり苦しくなった時に、売却して運転資金にしようと考えても、物に存在した価値をメリットとして使うことができない手法といえます。それでは、従業員に「決算賞与」を多く支払う方法はどうでしょうか。従業員への賞与は損金として、経費で落とせます。従業員もモチベーションがあがり、損金が増えることで、利益および税金が抑えられるというメリットがあり、一石二鳥だと思われるかもしれません。ただし、将来業績が落ち、賞与を支払えなくなれば、モチベーションが一気に下がってしまう可能性が高いです。また、会社の将来に不安を感じ、転職してしまう従業員も出てくるかもしれません。結果として人材流出、モチベーションの低下といった状況が発生する恐れがある手法といえます。

では、どのような節税対策がよいか

会社の損金(経費)になり、将来的に苦しくなったときにはお金として戻ってくるものが、経営者のお悩みを解決するベストな節税対策ということになります。その対策方法を、我々は自信を持ってご提案できます。それは、「保険」を使った節税対策です。生命保険を活用すると、簡単に、合法的で効率の良い節税が可能になります。このような適切な保険活用を行うには、保険の知識だけではなく、企業で成功した事例などの裏付けが必要になりますので、企業向けの保険活用実績のある、我々専門コンサルタントにぜひ一度ご相談されることをおすすめいたします。

ページの先頭に戻る