あなたの節税対策をサポート 保険で節税対策.com

お問い合せはこちら
電話受付時間:10:00~18:00

03-5468-3795

学べる!保険コラム

学べる!保険コラム

25.相続税の増税

皆様、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、新年のトピックスといたしまして、平成27年1月1日より、相続税が増税されました。

基礎控除を超えた金額 相続税率 税金控除額
1000万円以下 10%
3000万円以下 15% 50万円
5000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1700万円
3億円以下 45% 2700万円
6億円以下 50% 4200万円
6億円超 55% 7200万円

一番大きいのが基礎控除の縮小が影響大でしょう。
5000万円+1000万円×法定相続人 (改正前)

3000万円+600万円×法定相続人 (改正後)

これにより、相続税を納める人の範囲が拡大され、法人には税率を安く、個人には税率を高くという流れが加速されます。今まで相続税など関係ないと考えていた方にも、相続税がかけられる時代となりました。

単純に法定相続人が3人の場合、4800万円の相続資産がある場合相続税が発生するのです。

これを見越して、保険会社各社では、今まで健康上保険に加入できなくあきらめていた方でも加入できるような終身保険が昨年から販売が好調のようです。

保険の基礎控除は 法定相続人×500万円 なので、3人相続人がいれば、1500万円を控除できるわけです。現金で銀行に置いておくより、保険に姿を変えたほうが節税となるわけです。

まだ、保険の基礎控除を使われてない方は検討の価値ありだと思います。

ページの先頭に戻る